【残クレは損?】フォレスターのサブスク・残クレとの違いを徹底比較! 

※当サイトではPR広告を利用しています。
新車のサブスク

 

頭金もないし、とにかく月の支払いをおさえたい。

そう思ってスバルの残クレを利用しようと考えているあなたは、フォレスターを手にしたあと、次のようなシナリオを思い描いているかもしれませんね。

 

タイミングを見はからって高値で売却。

そのお金で残りのローンを一括返済し、さらに浮いたお金を新たなクルマの購入資金にあてる…。

 

しかしながら、あなたが今このサイトにたどりついたということは、心のどこかに迷いがあるのではないでしょうか。

ほんとうに残クレを利用して損しないか、もっとほかにお得な方法があるのではないか…と。

 

そんなあなたに読んで欲しい記事内容です。

この記事を読むメリットは次の4つが分かることです。

 

 

  • 残クレよりお得な方法
  • 残クレにはないサブスクのメリット
  • 残クレにはないサブスクのデメリット
  • 各リース会社の月々のリース料金

 

 

結論からいうと、月々の支払いをおさえたいと思っているあなたにおすすめなのは残クレではありません。

次のサブスクです。

SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

なぜおすすめなのかというと、残クレよりも月々の支払いが少なくお得だからです。

またSOMPOで乗ーるは、ほかのリース会社と比較してもお得だからです。

以下くわしく解説していきます。

 

 

当サイトでは、サブスクの利用で3年ごとに新車に乗り換えるライフスタイルをおすすめしています。

 

 

 

\まずは仮審査で納期の確認を/

 

 

 

ユーチューブでご覧になりたい人はこちらから。音声のみの簡易バージョンとなります。

 

 

 

 

残クレにはないサブスク(SOMPOで乗ーる)のメリット3つ

  • 月の支払いが少ない
  • 契約がシンプルで楽
  • 買取業者を探す必要がない

 

 

月の支払いが少ない

 

スバルディーラー公式サイトと、SOMPOで乗ーる公式サイト、それぞれ同じ条件で見積もりします。

結果…。

月の支払いが約3万ちがいます。

もちろん、残クレを選択すればクルマを売ったときのお金がリターンされるので、2社のあいだにそこまでの差はありません。

とはいえ、SOMPOで乗ーる、このサブスクを選択すれば、キャッシュフローの点で月々約3万ほどの余裕資金が当面の間できることもまた事実です。

このお金をどう使うかはあなたの自由なわけで、投資に回すこともできます。

これがサブスクを選択する大きなメリット、わたしがお伝えしたかった1番のポイントです。

 

 

 

会社 月の支払い
スバル(残クレ) 65,900円
SOMPOで乗ーる 32,110円

※2024.4.5時点 以下の契約条件

  • 車種     フォレスター
  • グレード   X-BREAK
  • オプション  なし
  • メンテナンス なし
  • 期間     3年
  • ボーナス払い なし
  • 月間走行距離 1,000km

 

 

 

契約がシンプルで楽

 

SOMPOで乗ーるはネット契約できます。

審査の申し込み、オプションの選択、納車、これらのことをすべて自宅にいながらスマホ片手にできるんです。

ディーラーへいって、営業マンといろいろ交渉する必要がないので時間と労力を消費しません。

余談になりますが、個人的にはディーラーの値引き交渉というシステムに対して違和感を感じています。

交渉しだいで値引き額を変えるということはつまり、お客さんによって値引き額を変えるということ。

それってフェアじゃない、そう感じます。

なぜなら、クルマに詳しい人は得しそうだし、逆にあまり詳しくない人は損しそうな気がするからです。

ネット契約ならその心配はありません。誰が契約しようとも料金は同じ、いたってフェアです。

この点もメリットだと思います。

 

 

買取業者を探す必要がない

 

クルマを購入し、数年後にクルマを売却する。

売却するためには買い取り業者を探す必要があります。

一番高く買い取ってくれる業者はどこだろう…。

あなたはクルマを売ろうと思ったら、こう思うはずです。

そして毎日、買取業者のサイトをくまなくチェックして、クルマの相場を調べるという行動に縛られるでしょう。

結果、あなたにとって貴重な時間が大きく消費されてしまいます。

手数料だってディーラーと買取業者、両方に支払うわけなのでコストもかかります。

サブスクを選択すれば手数料をリース会社だけに払えばいいわけですから。その分お得ともいえます。

 

 

残クレにはないサブスク(SOMPOで乗ーる)のデメリット3つ

  • 契約期間が固定されている
  • さいごに残価精算がある
  • 契約時の値引きがない

 

 

契約期間が固定されている

 

サブスクは契約期間が固定されています。変更はできません。

もし解約するときはお金がかかります。

なので、サブスクを利用するなら、あなた自身のライフスタイルを先々まで考えて利用する必要があります。

いっぽう残クレで契約したケースでは自分の好きなタイミングでクルマを売却、つまり解約できます。

 

さいごに残価精算がある

 

残価、シンプルにいえば査定額みたいなもの、ですが、

リース契約するときに設定する残価は、将来に予想される査定額です。

とうぜん、実際の査定額と予想価格がズレることもあります。

査定額が予想価格よりも値上がりすればラッキー、なぜならその値上がり分はキャッシュバックされますから。

でも逆に値下がりしたらアンラッキーです。その値下がり分はあなたが支払うことになるからです。

ただし、この残価精算があるというデメリットについては対処法があります。

残価保証オプションをつけることです。

詳しくはのちほど解説します。

 

 

契約時の値引きがない

 

値引き…、それはまさにディーラー営業マンの伝家の宝刀。

なぜなら、この値引き額しだいで状況が大きく変わるからです。

つまり、場合によってはサブスクよりお得になる可能性もあります。

サブスクにはこのような値引き交渉というシステムがありません。料金は事前に決まっています。

ただ、多くのリース会社では割引キャンペーンを不定期でやっています。この場合は初めから料金が割引されているということです。

 

 

残クレのほうがお得になるのはどういう場合か

 

あなたはまだこう思っているのではないでしょうか?

リセール時にクルマを高く売ればサブスクより残クレのほうが得ではないか、と。

たしかにその通りです。

ただし問題はクルマをいくらで売れば、残クレのほうがお得かなのか、ということですよね。

比較すべきポイントはリース契約したときに設定される残価です。

この残価以上の価格でクルマを売ることができれば、残クレの方がお得だといえます。

 

 

270万円。

これが、SOMPOで乗ーるを上記リース契約したときの3年後の残価です。

残クレを選択して3年後、これ以上の価格でクルマを売ることができれば残クレのほうがお得だといえます。

 

 

 

残クレを選択して絶対にやってはいけないこと

 

クルマを返却して終了。

これはやらないでください、確実に損します。

スバル公式サイトには、残クレを選択したときの最後の支払い方法として次の4つをあげています。

 

  • 返却してお乗りかえ
  • 返却して終了
  • 再分割して乗り続ける
  • 一括払い

 

返却して終了とは、最後の支払い(165万)をしないということです。

最後の支払いがないとはいえ、それまでに多額のお金をすでに支払いしてるわけですから。

そういった点でも、残クレだとその時点ですでに大損というわけです。

なので、返却して終了という選択肢はありえません。

もしあなたが、もうクルマは必要ない、終了を選びたい、

というならば、クルマは返却せずに売りましょう。

中古ディーラーのサイトを見れば、中古のフォレスターがいくら位で買い取ってもらえるのか分かるはず。

そのお金で最後の支払いをすればいいだけの話です。

 

 

(参考)2社の返済スケジュール

スバル(残クレ) SOMPOで乗ーる
頭金 760円 0円
1回目 66,458円 32,110円
2~33回目 65,900円 32,110円
34回目 1,650,000円 32,110円
35回目 32,110円
36回目 32,110円
合計 3,826,018円 1,155,960円

※2024.4.5時点

 

 

 

返却してお乗りかえという選択肢はお得か

 

残クレを利用した時に一番多いのが、この返却してお乗りかえという選択だと思います。

結論からいうと、

お得なのか損なのかは、ディーラー営業マンがクルマをいくらで買い取ってくれるかによります。

最後の支払いが近づいてくると、ディーラー営業マンはあなたにこういうでしょう。

「当店で新車にお乗りかえしてくれるならクルマを高く買い取りますよ」と。

お決まりの伝家の宝刀です。

もし、高値で買い取ってくれたら、返却してお乗りかえという選択肢がサブスクよりお得だといえます。

具体的には、SOMPOで乗ーるで契約する時に設定される残価、この金額が損得のボーダーラインになります。

 

 

270万円。

これ以上の金額でディーラー営業マンが買い取ってくれたら、返却してお乗りかえという選択肢がサブスクよりお得だといえます。

 

 

 

各リース会社の月々のリース料金を比較する

 

では次に、SOMPOで乗ーると他のリース会社、リース料金について比較していきます。

結果、SOMPOで乗ーる、こちらのリース料金が圧倒的に安いです。

 

 

リース会社 リース料金
出光オートフラット 見積もりできず
コスモMYカーリース 80,300円
エネオス新車のサブスク 80,960円
トヨタ・キント 該当車なし
ホンダ・楽まる 該当車なし
ニッサン・ClickMobi 該当車なし
オリックスカーリース 3年契約なし
MOTAカーリース 3年契約なし
定額カルモくん 68,155円
ニコノリ 見積もりできず
リースナブル 該当車なし
カーコンカーリース 71,720円
SOMPOで乗ーる 32,110円
ピタクル 3年契約なし
Cool MINT 56,540円 ( SPORT )
NORIDOKI 42,900円
スバルマイカーリース 59,180円

※2024.4.5時点 以下の契約条件

  • 車種     フォレスター
  • グレード   X-BREAK
  • オプション  なし
  • メンテナンス なし
  • 期間     3年
  • ボーナス払い なし
  • 月間走行距離 1,000km

 

 

 

残価保証オプションはメリット大

 

SOMPOで乗ーる、こちらのリース料金が安い大きな理由は設定される残価が高いからです。

ただし、SOMPOで乗ーるはオープンエンド方式のリースです。つまり、さいごに残価精算があるということ。

これが先ほどいったサブスクのデメリットです。

さいごにお金を支払うなんてイヤですよね。

なので、残価保証オプションをつけることをおすすめします。

どういうオプションかというと、

リース契約が終わったときに、残価精算をする必要がなくなるというオプションです。

SOMPOで乗ーるでは、月々数千円ほどの有料オプションとなります。金額はクルマによってちがってきます。

有料とはいえ、金額的にはリーズナブル、費用対効果を考えればメリット大、といえます。

ただ気をつけたいのは、クルマについた傷などはしっかり直してから返却する必要があるということ。

いわゆる原状回復のことですね。これは残価精算とは別の話ですからご注意ください。

原状回復については基本どこのリース会社でも同じ、リース契約する際の常識です。

 

 

オープンエンド方式とクローズドエンド方式のちがいについては別記事でくわしく解説しています。↓

【カーリース契約】オープンエンドとクローズドエンドの違いやメリット・デメリットについて詳しく解説
あなたがもしカーリースの利用を考えているのなら、オープンエンド方式・クローズドエンド方式、この2つのキーワードを理解する必要があります。 この記事では、それぞれのメリットやデメリット、特徴について詳しく説明します。 この...

 

 

 

まとめ

 

以下の内容が明らかになったと思います。

 

  • 残クレよりお得な方法
  • 残クレにはないサブスクのメリット
  • 残クレにはないサブスクのデメリット
  • 各リース会社の月のリース料金

 

 

おすすめは、

SOMPOで乗ーるです。

その理由は、リース料金が安いからです。

 

各リース会社そうなのですが、リース料金は日々変動します。

今現在お得なリース料金でも、数ヶ月後にはちがってくる、なんてこともありえます。

リース料金が安い今がチャンスです。

 

 

 

\まずは仮審査で納期の確認を/

 

 

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
heibon-takudora

東京のタクシー会社に10年ほど勤務する平凡なタクシードライバー。クルマの運転をこよなく愛するミドルエイジ。家族がマイカーリースを利用したことをきっかけに新車のサブスクという新しいサービスに注目。当サイトでは「サブスクで3年ごとに新車に乗り換える」を紹介します。

heibon-takudoraをフォローする
新車のサブスク
スポンサーリンク
平凡タクドラのサブスクブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました