【要注意・差額は3万以上!】ZR-Vのサブスクはどこで契約すればいい?

※当サイトではPR広告を利用しています。
新車のサブスク

 

もしあなたが今、

ホンダ ZR-V すごく欲しい、乗ってみたい、

でも購入するのはハードル高いので、できれば今話題のマイカーリース、つまり新車のサブスク、を利用してみたい…。

 

そう考えているのなら、この記事をぜひとも最後まで読んでください。

といいますのも、リース料金はリース会社によってピンキリなんです。

同じクルマでも月額3万以上ちがうなんてことも多々あります。

 

この事実を知らずにリース契約すると月に3万以上、仮に3年契約だとしたらトータルで100万以上を損してしまう可能性があるからです。

そういった意味では、この記事は場合によっては100万以上の価値ある内容になるかもしれません。

 

この記事を読むメリットは次の3つ。

 

  • 各社のZR-Vリース料金がわかる
  • おすすめのリース会社がわかる
  • そのおすすめの理由がわかる

 

 

結論から先にいいます。

ZR-Vのサブスク、おすすめは、

 

  • ガソリン車ならSOMPOで乗ーる
  • ハイブリット車ならNORIDOKI

 

おすすめの理由はリース料金が安いからです。

 

 

 

当サイトではサブスクの利用で3年ごとに新車に乗り換えるライフスタイルをおすすめしています。

 

 

\ガソリン車ならこちら/

 

 

\ハイブリット車ならこちら/

NORIDOKI (のりどき)

 

 

 

ユーチューブでご視聴なりたい人はこちらから。音声のみの簡易バージョンとなります。

 

 

 

 

各リース会社の月々リース料金を比較してみる

 

 

ここでは、ガソリン車のZグレードで見積もりします。

条件は3年のリース契約、有料オプションなし、月間の走行距離1,000kmと設定して各リース会社のリース料金を比較してみます。

 

各社の月々リース料金

リース会社 リース料金
出光オートフラット 見積もりできず
コスモMYカーリース 98,230円
エネオス新車のサブスク 86,460円
トヨタ・キント 該当車なし
ホンダ・楽まる 66,900円(e:HEV Z)
ニッサン・ClickMobi 該当車なし
オリックスカーリース 3年契約なし
MOTAカーリース 3年契約なし
定額カルモくん 72,885円
ニコノリ 見積もりできず
リースナブル 該当車なし
カーコンカーリース 86,900円
SOMPOで乗ーる 37,720円
ピタクル 3年契約なし
Cool MINT 該当車なし
NORIDOKI 49,500円(e:HEV Z)

※2024.4.3時点

 

 

ガソリン車でおすすめなのはSOMPOで乗ーる

 

おすすめの理由は月々のリース料金が安いからです。

料金の高いリース会社と比べると4万円以上ちがいます。同じクルマでもこれだけ料金がちがうことにおどろきますよね。

SOMPOで乗ーるでは、付属品オプションが別料金になります。

なので、オプションでフロアマットを追加したり、メンテナンスプランを追加すると実際のリース料金は、もう少し高くなります。

とはいえ、3万以上は確実にちがいます。

仮に3年契約なら、

3万が36回なので、108万。

 

リース契約は、どこのリース会社を選ぶかが重要です。くれぐれもご注意ください。

少し話がそれますが、この事実を知らずに高額なリース料金でリース契約してしまう人を本当に気の毒だと感じてしまいます。

こういうところにリース業界のダークなイメージが払拭できない理由があるんじゃないでしょうか。

 

カーリースの選び方について、より詳しく知りたい人は別記事で解説しています。

【もう迷わない!】カーリースって複雑だけど選び方は超シンプル!
個人的な話になりますが、地方で年金ぐらしをしている両親が2023年にマイカーリースを契約しました。 いわゆる新車のサブスク、というやつですね。 リースなら頭金もいらないし、購入するよりもハードルが低いと感じたとのこと。 ...

 

 

 

ハイブリット車ならNORIDOKIがおすすめ

 

リース料金
NORIDOKI 49,500円
SOMPOで乗ーる 67,090円

※2024.4.3時点

 

ガソリン車ではSOMPOで乗ーるが一番オトクでしたが、ハイブリット車で見積もりをすると、ちがった結果になります。

ハイブリット車で一番おとくなのはNORIDOKIです。

NORIDOKIは、フロアマットが標準装備となるのでさらにお得です。

このように同じクルマでも契約パターンによって、どこのリース会社が一番オトクなのかが変わってきます。

リース契約がムズカシク感じる原因の一つですね。

以下、SOMPOで乗ーるについて解説していきます。

 

 

SOMPOで乗ーる、リース料金が安いのはなぜか

 

SOMPOで乗ーる、リース料金がここまで安いと逆に不安になりませんか。なにか裏があるんじゃないかと。

リース料金が安い理由はあります。

いくつかあるでしょうが、一番の理由はこれだと思います。

オープンエンド方式のリースだから。

オープンエンド方式のリース契約は残価の設定額によって月々のリース料金が大きく変わります。

残価の設定額が高ければ高いほど月々のリース料金は安くなります。

つまりリセールバリューの高いクルマほどリース料金が安くなります。

 

 

オープンエンドリースの注意点

 

ただし注意点があります。

オープンエンドリースは、リース契約のさいごに残価精算をする必要があるということ。

つまりクルマの査定額の下落リスクを契約者(あなた)自身が負う必要があるのです。

シンプルにいうなら、さいごに追加で支払いが発生するかもしれない、ということです。

リース契約するときに設定する残価はあくまで数年先の予想価格にすぎません。

リース契約が終わるときに、その設定された価格が予想通りの価格になるかどうかは分かりませんよね。

予想価格より値上がりすればラッキーです、差額分がキャッシュバックされますから。

でも予想価格よりも値下がりしてしまうとアンラッキーです。さいごに追加支払いが発生しますから。

 

 

残価保証オプションはメリット大

 

そこでオススメなのが、

残価保証オプションです。

有料オプションになりますが、このオプションはメリットが大きいです。

なぜならオープンエンドリースでありながら、さいごに残価精算をする必要がなくなるからです。

料金は月に数千円ほど。クルマによって変わってきます。

とはいえ、この残価保証オプションを追加しても月々のリース料金は充分リーズナブルだといえます。

もちろん、オプションをつけても残価精算時にクルマの査定額が予想よりも高くなったときにはその差額分がキャッシュバックされます。

 

 

SOMPOで乗ーるメリットは?

 

  • 取り扱っている車種が豊富
  • エニカでクルマの維持費軽減

 

取り扱っている車種が豊富

 

国産車はもちろん、メルセデス・ベンツやBMWといった輸入車も取り扱っています。

特に新車で輸入車のマイカーリースを取り扱っているリース会社は数少ないです。

もちろん正規ディーラーならリースの取り扱いもありますが、純粋なリース会社で新車の輸入車を扱っているということになると、SOMPOで乗ーる、リースDeマイカー、この2つだけだと思います。

クルマのラインナップが多いと、3年後にクルマを乗り換えるときに選択肢の幅が広がるので大きなメリットですね。

 

メルセデス・ベンツのマイカーリース↓↓

【2024年最新】ベンツGLBのサブスクが驚きの5万円台〜 購入よりお得になる3つの条件
ベンツ、欲しいけど月々の支払いが高いから選択肢にはあがらないかな…。 あなたは、こう思っていませんか? わたしもそう思っていました、以前までは…。 たとえば、GLB 200d の、メーカー希望小売価格は、 ...

 

 

 

エニカでクルマの維持費軽減

 

エニカとは個人間カーシェアリングのこと。

マイカーをほかの人に有料で貸し出す、というものです。

料金はクルマによってちがいますが、だいたい1日に数千円から高くても2万円くらいのものが多いです。

仮に月に1回貸し出して1万円の副収入ができるだけでもクルマの維持費軽減になりますね。

リース契約したクルマでエニカを利用できるのは、SOMPOで乗ーるだけです。

エニカの運営会社が DeNA SOMPO Mobility といういわばSOMPOで乗ーると同じ会社だからこそ可能なサービスです。

 

 

SOMPOで乗ーる、デメリットは?

 

  • 新しいリース会社である
  • 車検代が含まれていない

 

新しいリース会社である

 

SOMPOで乗ーるは、SOMPOとDNAがタッグを組んで2019年にできた会社です。

比較的に新しいリース会社であるため信頼や実績が少ないという点がデメリットだと思います。

以前ビッグモーターとの関与も報道されていました。この件について私自身は判断しようがありませんが、少なくともマイナスイメージにはなりました。

 

車検代が含まれていない

 

SOMPOで乗ーるは月々のリース料金に車検代が含まれていません。

月のリース料金に車検代を含めるためには、有料のメンテナンスプランに加入する必要があります。

ただ、リース契約は車検代のかからない3年契約が断然おすすめだというのが個人的スタンスです。

 

 

まとめ

 

以上 ZR-V のサブスクについての紹介でした。

おすすめは、次の2つ。

 

  • ガソリン車なら、SOMPOで乗ーる
  • ハイブリット車なら、NORIDOKI

 

おすすめの理由はリース料金が安いから。

各リース会社にいえることですが、リース料金は日々変動します。

リース料金の安い今がチャンスです。

 

 

\ガソリン車ならこちら/

 

 

\ハイブリット車ならこちら/

NORIDOKI (のりどき)

 

 

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
heibon-takudora

東京のタクシー会社に10年ほど勤務する平凡なタクシードライバー。クルマの運転をこよなく愛するミドルエイジ。家族がマイカーリースを利用したことをきっかけに新車のサブスクという新しいサービスに注目。当サイトでは「サブスクで3年ごとに新車に乗り換える」を紹介します。

heibon-takudoraをフォローする
新車のサブスク
スポンサーリンク
平凡タクドラのサブスクブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました