【ウーバータクシー使ってみた感想】割引クーポン情報やプレミアムについても解説

※当サイトではPR広告を利用しています。
タクシーに乗る

 

ウーバータクシーってどういうサービスですか? ハイヤーとは違うんですか? 詳しく教えて下さい。

 

 

こんな疑問にお答えします。

ウーバータクシーについての解説と実際に使ってみた感想を書いていきます。お得なクーポン情報もあります。

今までウーバータクシーを使ったことないけどこれからウーバータクシーを使ってみたい、そんな人に向けた記事内容になっています。

 

 

Uber配車サービス

 

 

割引クーポン

 

確認が取れ次第アップします。

 

 

 

 

ウーバータクシーとは

 

基本情報

 

簡単にいうと、ウーバーというマッチングアプリから配車されたタクシーのことです。

ウーバーはアメリカのテクノロジー会社であり、そこで開発されたアプリをウーバー( Uber )といいます。

ややこしくてすいません。

 

 

 

 

どんなアプリかというと、

お金を払って車に乗りたい人

お金を貰って車に人を乗せたい人

 

両者をマッチングさせるアプリで、世界中のいろいろな都市でこのアプリが利用されています。ドライバーは一般人であり、個人事業主として収入を得るスタイルです。

ただ、このスタイルは日本だと白タク行為にあたるのでNGです。なので日本では、お金を貰って車に人を乗せたい人はタクシー会社のドライバーがやっています。

 

つまり、何のことはありません。

ウーバーとはGO、S.RIDE、DiDiなどと同じ配車アプリのひとつで、ウーバータクシーとは、ごく普通のタクシー会社のタクシーのことです。

なので一般人がマイカーでやってきて、その車に乗せてもらうなんてことではありません。

日本では2018年から淡路島、名古屋とサービスを展開していき各都市に広がっています。2020年から東京でも利用できるようになりました。

 

 

 

 

 

ウーバープレミアム

 

ウーバータクシーの高級車バージョン。プレミアムとプレミアムミニバンの2種類あります。

どんな車種かというとクラウンやアルファードなどいわゆる高級車です。

ウーバープレミアムは、お金を貰って車に人を乗せたい人がハイヤー会社になります。

だから配車されてやってくる車はタクシーではなくハイヤー車、つまり見た目は普通の乗用車だということ。

タクシーにありがちなボディーに社名やら広告やらがデカデカとラッピングされてるなんてことはないし、天井部分に行灯(あんどん)もついていません。

 

 

 

 

対応エリア

 

【ウーバータクシー】

  • 札幌
  • 青森
  • 仙台
  • 郡山
  • 名古屋
  • 大阪
  • 京都
  • 淡路島
  • 広島
  • 福山
  • 高知
  • 福岡
  • 東京(23区一部)

※2022.12時点公式サイトより。

対応エリアは全国で拡大中。直近でいうと盛岡市、那覇市、横須賀市、横浜市で利用可能となりました。

東京では2022年12月時点で、北区、板橋区、練馬区以外の20区で利用可能となっています。中野区と杉並区は一部のみ。

 

【ウーバープレミアム】

  • 東京
  • 千葉
  • 京都

※2023.3時点公式サイトより

 

 

料金体系

 

【ウーバータクシー】

利用したタクシー会社の料金体系になります。

ウーバーのアプリからタクシーを呼ぶと、どこのタクシー会社のタクシーが来るのかは分かりませんが来てくれたタクシー会社の料金体系になります。

タクシー料金は地域によって違います。国土交通省がそれぞれの地域のタクシー料金を決めているのです。

細かいことをいうと迎車料金もタクシー会社によって違っています。なかには迎車料金なしというタクシー会社もあります。

ちなみに東京都内でウーバーを利用すると台数的に日の丸交通のタクシーになる確率が高いようです。

私自身も東京でウーバータクシーを使ったら日の丸交通のタクシーがきました。

 

日の丸交通の料金

  • 初乗運賃 500円
  • 加算運賃 100円/255m
  • 迎車料金 300円
  • 予約料金 500円

※日の丸交通公式サイトより

 

 

 

 

【ウーバープレミアム】

事前確定料金になります。

高速を利用したときは高速代がかかります。

タクシーとは違って深夜の割増料金はありません。

事前確定料金は予想される乗車時間や距離、道路の混雑状況、配車を頼んだときのドライバーの数などをもとに計算されます。

 

 

 

 

ただ、ウーバーの事前確定料金は普通のタクシー会社の事前確定運賃とは少しシステムが違っています。

乗車後に目的地やルートを変更すると事前に確定した料金とは違った金額を請求されるというのは普通のタクシー会社のシステムと同じですが、ウーバーの場合は予想外に渋滞したときにも違った金額を請求されることがあります。

さらにピーク料金が発生する場合もあります。ピーク料金とは悪天候などでタクシー需要が高まったときに需要と供給のバランスをとるための追加料金です。

その他プレミアムミニバンを選ぶとミニバン指定料が1,080円かかります。

 

 

ウーバータクシー使い方

 

まずはアプリをダウンロード。

必要事項を入力してアカウントを作成。ウーバーに会員登録するようなイメージですね。

クレジットカード情報を事前に登録しておけば支払いの手間が省けて便利です。

PayPay払いも可能です。

 

 

配車依頼から乗車まで

 

①配車を依頼をタップ

②乗車場所を入力

③目的地を入力

④車種を選択

 

 

 

※近くに車がいないときはご利用になれる車両がございません、と表示されます。

 

⑤乗車場所をピンで確定

⑥注意事項に同意して乗車を確定

⑦配車された車に乗車

 

 

割引クーポンの使い方

 

クーポンの使い方

 

①ウーバーアプリをひらく

②右下のアカウントをタップ

③上のお支払い方法をタップ

④プロモーションコードを追加をタップ

⑤プロモーションコードを入力

 

※プロモーションをタップすると利用できるプロモーションが表示されます。

 

 

ウーバータクシー使ってみた感想

 

メリット

 

①プレミアムなら高級車に乗れる

プレミアムを選択するとアルファードがきてくれことが多いのですが、やっぱりアルファードは乗り心地いいし、広々していて快適でした。家族でどこかへ出かけるなんてときは是非利用したいと感じました。

プレミアムミニバンは指定料1,080円がかかりますが、わざわざミニバン指定しなくても高確率でアルファードがきてくれます。そもそもセダンタイプの車の台数が少ないのでしょうね。

 

 

 

 

②プレミアムの料金が高いとは限らない

車種でタクシーを選択すればもちろん料金は普通のタクシーと同じだし、一方でプレミアムを選択したときは、料金がタクシーより高いかと思いましたが、そうとも限らなかったです。

実際に同じ区間をウーバータクシーとウーバープレミアムでそれぞれ利用してみました。

 

  • ウーバータクシー  2,000円
  • ウーバープレミアム 1,882円

 

少しですがウーバープレミアムのほうが安かったのです。高級車に乗れて、さらに安いならお得感ありますよね。

プレミアムなら深夜料金もないわけですから、深夜の時間帯に利用するときはさらにお得ですよね。

 

ドライバーに親近感が湧く

配車されるドライバーの詳細がスマホから確認できます。顔写真も載っているし、簡単なプロフィールもあります。

過去の乗車についての評価コメントもあったりしてなんだかドライバーさんに対して親しみを感じました。

面白いと感じたのはスマホからチップを送れることです。いいサービスを受けたときにドライバーさんにチップを渡すと自分自身も気持ちいいものですね。チップの金額も自由に決められます。

 

 

 

 

デメリット

 

利用できる車の数が少ない

GO や S.RIDE 、DiDi に比べると利用できる車の台数が少ないです。いつでも好きなときに利用できるわけではないので、利用するときは時間と場所を考慮する必要があります。

ウーバープレミアムを使って高級車に乗りたいというわけではなく、特にこだわりがないなら、わざわざウーバーを使う価値はないのかなと感じました。

サービス対応エリアは徐々に拡大されているので今後に期待したいところです。

 

料金体系が分かりづらい

ウーバータクシーについては普通のタクシー会社と同じなので分かりやすいですが、ウーバープレミアムについては少し分かりづらいと感じました。

事前確定料金とはいっても、道路の混雑状況によって料金が変わるとか、ピーク料金の存在とか気になる点がいくつかあります。

このシステムだと利用する側からすると、結局いくらになるのかと不安になります。

 

 

5%割引のサブスク・ウーバーワン

 

2022年11月から始まったサービスです。

月額498円で毎回の乗車が5%オフ。

年間プランだと年額3,998円。

1回の乗車につき5,000円が上限となります。

現金払いのときは、支払時に5%オフになるのではなく、後日5%分のウーバークレジットというものがもらえます。その他高評価ドライバーが配車されるという特典もあります。

正直これだけだとあまりメリット感じませんが、ウーバーワンのいいところはウーバーイーツの配達手数料が無料になることです。

※諸条件あり

ウーバータクシーやウーバーイーツをよく利用する人にとってはメリットあるサービスですね。

 

 

ウーバータクシーを使ってみよう

 

 

ウーバータクシーは、利用できるエリアが徐々に拡大されています。そういった意味で利便性は今後さらによくなると思います。

新たに利用可能エリアになるときは、そのエリアでのタクシー利用が期間限定で割引キャンペーンとなることが多いです。

お住まいが今現在ウーバー利用可能エリアではないけど、新たにウーバー利用可能エリアになったときは割引キャンペーンを使うチャンスかもしれませんね。

その他にもウーバーではいろいろな割引キャンペーンをよくやっています。たいてい期間限定の割引になるので常に最新情報をチェックしておきたいもの。

このブログでもできる限り最新の割引情報を更新していきたいと思っています。

割引クーポンでお得にウーバーを利用しましょう。

 

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
heibon-takudora

東京でタクシードライバーを10年ほどやっています。クルマの運転をこよなく愛するミドルエイジ。当サイトでは主にタクシーに関する情報を発信中。その他クルマのサブスクやカーリースについても発信中。

heibon-takudoraをフォローする
タクシーに乗る
スポンサーリンク
平凡タクドラの雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました